30歳看護師 自転車操業的にクレジットカードを作り多重債務

クレジットカードを使いすぎた悲劇

看護師 自転車操業的にクレジットカードを作り多重債務

 

  • 名前:田中 秋穂(仮名)27歳
  • 性別:女性
  • 職業:看護師
  • 借り入れ先:OMCカード、セゾンカード、オリコカード、アコム、プロミス
  • 借入件数:5件
  • 利用時期:2000年6月〜2005年12月
  • 当時の年齢:23歳〜28歳
  • 当時の借金の合計額:250万円

 

アダルトチルドレンという言葉をご存知でしょうか。
子どものまま大人になってしまったような、社会に適応できない大人?そう解釈している方が多いかもしれません。

 

けれど、子ども時代、徹底的な虐待を受け『自分はダメな人間なんだ』と思い込まされ、崩壊しきった家庭の中で育った子どもが大人になっても社会に適応できない・・

 

私の場合はこちらのほうがあてはまっています。

 

私の両親は父の浮気が原因で小1の時離婚しました。後妻でやってきた継母は当時23歳、完璧主義で潔癖症な人で、しかも父は自分が独身だと言い続けていたらしく、

 

結果的に自分の存在が相手の家庭を壊した事や、周りから不倫の末に家庭に入り込んだと噂された事からなかなか立ち直れなかったそうですが、結局すべてを受け入れた形で私達の母になりました。

 

弟はまだ2歳になったばかりでしたが、実母は身体が弱くショックも重なって寝込んでしまい、
子育てが出来ないという事で一緒に残りました。

 

完璧主義の継母の子育ては、少しでも口答えやわがまま、部屋の散らかしをしたら殴る蹴る、相手の人格を全否定した罵りでした。

 

幼く、反抗期に入っていた弟は、母の虐待のまさに標的で、私はとばっちりが怖くて見て見ぬふりをしたし、全人格否定の物言いは父にも容赦なかったので、弟への虐待を止める人間はいませんでした。

 

弟は黙って従うおとなしい子どもになっていきましたが、それは表面だけで心では憎悪の炎を燃やして爪をといでいたようです。

 

私が高校を卒業して、働きながら看護学校に行く寮生活を始めた頃には、継母より大きくなった弟は一切家に寄りつかなくなり、父も日常言えない不満を酒の力を借りて暴力で母に返すようになっていました。

 

私は家を出る事で継母の呪縛から解放されたと思っていました。
実際、継母のヒステリックな怒鳴り声や罵倒を耳にしないだけでも、住み込みの不便さや激務を我慢する事が出来ました。

 

当時、毎月7万円の給料をもらっていましたが、継母が「18まで育ててやったんだから半分仕送りするのが当然」と、4万円持っていっていたので、寮費、授業料、食費をさしひいたら自由にできるのは5千円ほどでした。

 

それでも、家よりはマシと言い聞かせて頑張りましたが、早く卒業して自由に使えるお金が欲しいと思っていました。

 

正看護師になった時、私は23歳になっていました。これでやっと自由になったと思ったら、長年の不摂生がたたって父が倒れて自宅療養を余儀なくされたのです。私は継母に介護の手伝いに家に戻って来いと言われ、結局地元の病院に就職、家のすぐそばに部屋を借りました。

 

「夜勤で夜の出入りがあって迷惑をかけるから」と言い訳をし、なんとか家に戻る事だけは回避できましたが、朝晩問わない電話攻撃それも「買い物に行くから車で送迎しろ」だの「犬の散歩に行って」だの、夜勤明けでも遠慮なし。

 

それでもなんとか我慢しましたが「家族なんだから家にお金を入れるのは当たり前」と言われ、光熱費と食費代として3万円を残して全部持って行かれてしまい、あっという間に生活に窮しました。

 

でも、あの家に帰るのだけは嫌だと思い、クレジットカードを作って生活費に充てる事にしました。

 

50万円のキャッシング枠が付いていて、私にとっては魔法のカードに思えました。

 

給料を30万もらっていても、自由にできるお金どころか毎日の食費にも事欠く生活からやっとオサラバ出来ると信じていたのです。

 

キャッシングして欲しかった服を買い、同僚と食事も楽しみました。3交代の夜勤をしているのだから、これくらいの事をしたっていいじゃない、って思いながら、キャッシングしたお金をまるで銀行からお金をおろすように使っていきました。

 

返済が遅れそうになればカードを新しく作り、返済して利用可能になればすぐ借りる、という風に自転車操業で何とか乗り切り「返済に遅れさえしなければ誰にもばれない」というのが当時の心理だったと思います。

 

OMCカード、セゾンカード、オリコカードの3枚は申込書を郵送する形でしたが、アコムとプロミスは無人契約機で契約しました。

 

職業と収入を書き込めば、ドンドン借りる事が出来てカードが増えるほど、返済した直後に借り入れ可能金が増えるので、安心して借り続けました。

 

とにかくバレたら終わり、連れ戻されるきっかけになるし、もう二度と自由にはならないだろう・・

 

頭の中は借金の事ばかり、でも借り入れを止めた瞬間返済も出来なくなる、就職して5年目を迎えた頃、私の表情からは笑顔が消え職場でミスが増えました。

 

師長に呼び出され事情を聞かれたので借金と家の事情を相談すると、院長が退職金の前渡しと言って、借金を全社一括返済してくれるというのです。ただし条件があり病院の寮に入って母親との関係を断つ事

 

病院に無断で借金をしない事という内容でした。私はありがたい気持ちで条件を受け入れ入寮し、母からの連絡に応じませんでした。

 

給料も自由に使えるようになり、生まれ変わった気持ちで仕事に取り組んでいた時弟から連絡が来ました。

 

人からお金を集めて必要な人に貸すというもので、出資したら配当金が毎月入ってくると言うのです。
まだ事業を始めたばかりで、借り手の申し込みはあるけど貸す資金が集まらないから出資して欲しいとの事でした。

 

これは借金ではないし、自分の手持ちのお金からだからいいかと思い、月5万円ずつ出資する事を約束しました。

 

後、商売をやる上でスポンサーからお金を借りなければいけないから保証人になって欲しいと言われました。
やはり弟も継母にはバレたくない、関わり合いたくないというので連絡先は私の寮の住所にし、
良く内容を読みもせず渡された書類にサインと押印しました。

 

出資も保証人も借金じゃないから病院側には話さなくてもいいよね、と言うのが私の考えでした。
けれど、その時弟はすでに暴力団に入っていて、初めから私を騙すつもりで近付いてきたのです。
実は同じ手口で父も騙されていて、父が押印した書類の内容は土地の権利書を弟に譲渡するというもの。

 

継母にだけは絶対に知られたくない、あの地獄のような生活は嫌だという一心で借金を重ねてきた日々、
病院側の厚意で借金を清算しやり直そうと思ったのに、実の弟が家族を騙しに来た・・
しかも継母の影をチラつかせる事で父と私を誘導し保証人に仕立てたという事で全身から力が抜けていく思いでした。

 

家の権利書のほうは継母にバレないように弁護士に相談して、父が病気で正常な判断が出来なかったという事と、
相手が暴力団である事を隠して契約させたという事で動いて頂き、無効にする事が出来ました。
父はすべての手続きを終えて安心したのか、それから間もなく他界しました。

 

私のほうは5千万円もの保証人で、もはやどうする事もできません。
保証人がどれほど重大な事なのか良く考えもせず、またしても隠し通す事ばかり考えその場をしのぎ、
結果的に取り返しのつかない事態を招いてしまったのです。

 

父の件でお世話になった弁護士に相談し、破産手続を開始し裁判所が決定しました。
姉弟でグルになって、最初から先方を騙すつもりで借りたのではないか、

 

など免責に異議を唱えられてもおかしくない事案だったそうですが、弟が暴力団に入っておりあちこちで同じ様な詐欺を犯していた事、別件で捕まり私や父を初めから騙すつもりで近付いたと認めていた事がプラスに働き、決定がおりました。

 

病院には知られずに済んだかもしれませんが、師長と院長にはすべてを報告しました。

 

社会人として余りの無知に呆れ返っていたようですが、それでも仕事を続けるように強く勧めてくれました。
退職金を前借りしているのですから、勤め続ける事で恩返ししていきたいです。

 

継母は、父が死んでガラリと人が変わり「こんな何の縁もない街に用はない」と、自分の生まれ故郷に帰っていきました。
やっとこれで本当に母からの呪縛が絶たれ、自分の人生を歩いていけそうです。

30歳看護師 自転車操業的にクレジットカードを作り多重債務関連ページ

交通事故をおこし相手に後遺症。慰謝料を銀行ローンとキャッシングで借金
交通事故の賠償金を分割で支払う。保険は入っていた方がいいという話
ママ友との付き合いで散在。お金がピンチの専業主婦
世間体やお付き合いが大事なママ友付き合いでお金を使いすぎて借金する話
パチンコ依存症で借金・・キャッシングやカードローンで破産寸前。過払い金請求で債務の立て直しに成功
パチンコ依存症で禁パチできずに借金まみれ・・・気がついたら破産寸前までの女性
教育ローンの審査落ち。国から借りる?カードローン?専門学校の入学金を工面
教育ローンを銀行のカードローンや国の教育ローンを考える時の方法