専業主婦がお金の管理をするパターンが多い

結婚してから財布を管理する方法として、幾通りかのパターンがあります。まずひとつが、夫婦どちらかの一人が中心になって管理を引き受ける方法です。奥様が専業主婦の場合、奥様がお金の管理を行うご夫婦が多く見られます。またご夫婦共働きの家庭でも、このパターンを取りいれているご夫婦もいらっしゃいます。旦那様の収入だけで何とか家計をやりくりして、奥様の収入は将来のために貯金しておくというやり方です。

 

この管理方法の場合は、旦那様にお小遣いを毎月与えてその他の生活費は奥様がやりくりを行います。主婦一人が家計をやりくりするには、旦那様よりも主婦の方が家計管理が得意であることが上手くやりくりをするポイントになります。また最近では現金以外にもクレジットカードや電子マネーといった支払方法も選べるため、現金としてお小遣いを渡していなくても使用できるお金があります。それが家計管理を難しくする要因にもなります。家計のやりくりを行うのは基本的には主婦の方ですが、ご夫婦二人でよく使い方やお金の使い道について理解することも重要になります。

 

ご夫婦共働きに多いのが、共同財布を作って生活費をやりくりする方法です。お互いに収入があるため生活費として使用する共同の財布を作り、その中で生活費をまかなうようにします。残ったお金に関しては自分たちのお小遣いとして自由に使っていいことにしていますが、将来のためを考えて一定金額を毎月貯金されているご夫婦もいらっしゃいます。

専業主婦がお金の管理をするパターンが多い関連ページ

専業主婦の節約方法
専業主婦家庭の生活費について
専業主婦におすすめのvisaカード