カードローン専業主婦の情報

専業主婦のお金のやりくり

家庭内のお金のやりくりについて
専業主婦の借り入れをしなくても、皆さんはどのように家計をやりくりしているでしょうか。
いろんな専業主婦や女性にインタビューしましたので、借り入れする前、カードローンの申し込みをする前に参考になさってみてください。

専業主婦の懐事情記事一覧

私は、節約が大好きです。どんなに忙しくっても、節約だけはかかさないようにしますね。まずは食費。買い物へ行っても、常に商品と値段とのにらめっこ状態。安い食材を買うためには、時間と手間を惜しんでいては、節約にはつながりませんので野菜と果物は、激安八百屋へ、パンや牛乳、お菓子は業務スーパーへ買いに行きます。(買い物1日目)魚や肉類はポイントを集めているスーパーで買い物をします。(買い物2日目)食材を買い...
日々の買い物をいかに安くあげるかに、頭をひねっています。近所に電鉄系の食品スーパーが2軒(同じところ)、歩いて15分ほどのところに大手総合スーパーの基幹店があり、駅前商店街も健在、という日用品の買い物には最高のところなのですが、チラシとにらめっこして安いところを探すのはもちろん、ポイントカードの還元率も考えて買う様にしています。お陰で、生鮮品が悪くなってしまう夏場を除いて、そのすべてをトーニングシ...
不景気の煽りで旦那さんの給料はカットされる一方だし、ボーナスも過去最低額を記録更新中です。愚痴ったところで給料が上がるわけではないしなかなか辛い現状です。年収は結構下がりましたが出ていくお金は変わらない為、節約するしか道はないので毎日、毎月、試行錯誤して乗り切っている現在です。私がパートに出るのはもちろん、空いた時間を見つけて在宅ライターの仕事をして日々稼いでいます。在宅ライターの仕事で旦那さんの...
専業主婦になる前は、好きな洋服やバッグを躊躇なしに購入したり、しょっちゅう友人と外食もしていました。しかし、専業主婦になり主人の稼ぎで生活をやりくりするようになってからはそうはいきません。そんなことをしたら家計が破綻します。だから新婚の頃は、夫と同じように私もお小遣いという形で自由に使えるお金を毎月もらうようにしました。新婚の頃はまだ夫婦2人の生活だったので、そのような形でも家計に大した負担ではな...
家計の節約のため、外食を控えるようにしています。朝食、夕食はだいたい自宅で食べます。外でお酒を飲むことも夫は年に数回くらいで、少ない方です。私もせいぜい年に2回くらいです。昼食も夫にはほぼ毎日弁当を作って持たせています。自分も平日はママ友と集まったりする時もお家で、各自弁当を持ち寄って食べるようにしているのでランチ代などはめったにかかりません。以前は土日に限りお昼を外食したりしていましたが、子ども...
我が家は私が専業主婦なので、もちろん節約をしながら生活しています。例えば、洗濯機は必ず単価の安い深夜電力で回す事。毎日寝る前に予約して朝7時には洗濯が完了するようにしています。それからできるだけエアコンはつけない事。我が家のリビングは南向きなので、冬場でも太陽が出ている日はエアコンなしでも大丈夫なんです。夏場もエアコンはつけず、窓を網戸にして自然の風を入れるようにしています。エアコンはけっこう電気...
我が家では私が家計をになっておらず夫が給料を全部しきっています。買い物も夫の休みの日に一緒にいくことがほとんどなので、事実上私のお小遣いは以前働いていた時に貯金していた分を切り崩して使うしかない感じです。夫も転職して今とても給料が少ない状態ですから、全部自由になると言っても赤字状態です。ですから、私の節約方法は文字通り「何も買わない」です。夫はタバコを吸っておりこれについては結婚以来けんかを繰り返...
私は今育児休暇中で収入が0の状態です。さすがにこれが1年以上も続くと旦那の給料だけでは生活に苦しくなってきました。 いわゆる一般的な内職ということも考えましたが、労力の割にはお金にならないことと、納期があるので子供のことでやれない事があると徹夜してでも済まさないといけないということも聞いて、諦めていました。 自分のペースで家事の合間にやれることはないかと。ネットでみていると、アンケートモニターとい...
青森銀行マイカーローンの審査で落ちたという時は審査に通ればカードローンでおかねを借り入れは簡単ですが、返済の手段についてかちっと段取りを組み立ててから活用しよう!人間関係・診療科を変えたいなどの理由で転職で思ってませんか。カードローンの借入れ日利は大概変動金利となっておりますので、金利が再考される場合があります。銀行でのカードローンの最大の魅力は安い利率ということではないでしょうか!!自分に合った...
値上げ値上げで一般家庭の負担は増える一方なのに、その中で増えない物といえば給料です。この不景気なご時世浪費ばかりもしていられませんからしめる所はきっちりとしめて節約に励み貯金を増やしましょう。賢くやりくりをする為に、まず毎月掛かる固定費の削減を一番最初に行うべきです。携帯料金などは料金内訳をみてみるとムダを沢山見つける事が出来ます。留守番電話サービスなどはオプションですから毎月、使用料が掛かってい...